月別アーカイブ: 2017年5月

わたしにはまだ早い、余裕のある大人の女性が行くところ

私が脱毛サロンに初めて興味を持ったきっかけは、友人との女子会の中でのある出来事でした。23歳の誕生日、友人たちが企画してくれたのは当時流行りのラブホ女子会でした。要するにおしゃれなラブホテルに宿泊してパーティを催すといった趣旨のイベントです。部屋はハート型のピンクの風船で埋め尽くされ、おしゃれな飲み物と食べ物を満喫し、カラオケをして、夢いっぱいの誕生日でした。

ところがこのあと絶妙に私を落ち込ませる出来事が…!ホテル併設の足湯を利用した時でした。私は気がついたのです、友人たちの脚の美しさに!驚きました。その場にいた3人全員が全身脱毛に通っていました。当時の私にとって脱毛サロンは手が届かないセレブ御用達の場所でした。それが同年代の友人が皆通っているという事実は、その日の楽しい気分をぶち壊すに十分な衝撃でした。翌日すぐに、予約をいれたのはいうまでもありません。

私のように脱毛サロンに対して高級なイメージを持つ方も少なくないでしょう。しかし、実際に体験してみると待合室にいる人の年齢は幅広く、金額面も支払い方法や施術箇所によっては決して手が届かない金額ではありませんでした。友人の全身脱毛に憧れた私ですが、実際はひざ下とひじ下の施術のみに申し込むことになりました。

自分にあった妥協点を見つけて簡単に、安く、綺麗になることができる場所だと感じでいます。いまではすっかり日々のカミソリはなくなり、荒れていた肌も綺麗になってきました。毎日のうっとうしい作業や、脚を出す機会に感じていたいやな気持ちがなくなったことを考えると、安い買い物だったとはっきりと断言することができます。あくまで個人の意見ですが。

体力低下で発症

まさか私が爪水虫になるなんて誰もがそう思うと思います。最初に爪水虫を知ったのが私の母親が草むしりをしていて手の爪が爪水虫になったときです。その時はそんなに気にならなかったんですが、40歳をすぎて体力がなくなり筋肉も落ちてきたなーと思っていた時、右足の親指が爪水虫になってしまいました。

治そうと思ったのは1年くらいたってからで、皮膚科にいって飲み薬をもらいました。それからまたほったらかしで治らなかったんですが(薬が高くて)親の爪水虫が治った話を聞き、同じ内科に行ってみました。そこでは8000円くらいする内服薬をもらい飲み続けました。爪水虫が治るのは時間がかかりましたが、治ったときはとても嬉しかったです。体力が急に落ちたときに爪水虫になりやすいようですが、病院にいけば治りますので安心してください。

爪水虫は人によっては、強い薬のようです。その薬を飲んだあと検査することがあると何かで読んだことがあります。内服薬が合わない方や飲みたくない方、理由があって病院にいけない方などもいらっしゃると思います。

クリアネイルショットという爪に塗るタイプの爪水虫の薬は、自宅で手に入るそうです。時間がかかるのは同じなので根気が必要ですが、爪水虫が進むと爪がどんどん厚くなってぼろぼろになりマニキュアでもかくせないし爪の機能を果たさなくなりますし、普通の爪切りが使えないくらいぶ厚くなり爪の色も変色します。ヤスリで削ったりする必要がありますが、爪水虫はうつるので、まだ健康な爪が爪水虫になっってしまうこともあります。夏にサンダルを履けずにとても悲しかった思い出があります。爪水虫に気づいたら、早めに対処されることをおすすめします。
爪水虫の妊婦さんにも安全なクリアネイルショットはこちら