月別アーカイブ: 2016年6月

風水料理

風水が大好きな私は、日常に 風水を取り入れてます。
料理にも 風水を取り入れてます。

今日の夕食のレシピは、マスタードにしました。恋愛だけでなく マスタード自体に 良い縁を運んで来る意味合いが有りそうです。

それに マスタードを使うだけで オシャレ感も増します。

今日の夕食のレシピを紹介したいと思います。
カジキのソテーの マスタードソースかけを作りました。

作り方は、カジキに小麦粉を まぶして 油をひいた フライパンで焼きます。マスタードと醤油とマヨネーズと味醂を混ぜます。そのまま マスタードソースとして塗っても良いです。

私は、電子レンジで 10秒ほど 温めて マスタードソースを作りました。

冷やご飯が有りましたので チャーハンを作る要領で マスタードを和えた マスタードライスも作りました。

マスタードを使う事で日常と違うレシピが作れて新鮮さが増しました。

風水に凝っている私だから 風水的な意味を気にします。
どうやら 今年は、風水で開運アイテムは 日常と違う事をする事みたいです。

ですので 料理を作る時には いつもと違う工夫を常にしてます。

今まで行った事のないお店に行くのも開運のアイテムらしく どちらか言えば 節約を兼ねて 料理を作る時に一工夫して 新しい運気を取り入れてます。

風水に凝りだすと 掃除も精を出してする様になり 風水に凝ると 風水的な意味を気にしながら楽しく家事ができます。日常が楽しくなります。

また風水的なファッションを取り入れたり オシャレ度も増します。

夜の街へ

田舎で長いこと暮らしている僕にとって、年に1度の贅沢といえば、東京へと足を運ぶこと。
小学校からの友人が東京で就職しており、年に1度、会う約束をしているからだ。
「おー、久しぶりー」「お前、ちょっと痩せた?」
1年経っても変わらず、やっぱり話しやすい奴だ。

ご飯を済ませ、居酒屋のはしごがバーへがいつものパターンだったのだが、この日は違った。
「ちょっと、いいとこいくか?」
「ん?いいとこってどこだ?」
「まぁまぁ、ついてこればわかるって」

連れていかれた場所は、とてもまぶしい光を放つ場所、新宿だった。
周りにはドレス姿の若い女性と、スーツ姿で耳にイヤホンをする若い男性ばかり。
そう、風俗街へと足を運んだのであった。

「ここにすっかぁ。」
友人がお店へ入っていく。
私も、後に続き、お店の中へ。

ちなみに私は風俗初体験である。
しかも、初体験がこんな都会の風俗だなんて・・・。
私の緊張はMAXである。

手続きを済ませ、「ほじゃ、終わったら外にいてなー」と友人は奥の部屋へと消えていった。

「はぁ。緊張するなぁ。」と思っていたら、
「いらっしゃいませ。」と声をかけてきたのは、20代前半で短い黒髪にスラッとしたスレンダー体系の女性。
名前はアミさんというようだ。

案内されるまま、部屋の中へ。
ソファーへ腰かけた。
自己紹介から始まり、他愛もない話で盛り上がった。
正直、すぐにそういう行為が始まると思っていたので、会話で盛り上がること自体が驚きだった。
「○○さん、仕事何されてるんですか?」
「えー、すごい!それって大変じゃないですか?」
会話のリードがうまく、途切れることなく会話が続く。

そして、いよいよ本番へ。
ゆっくり、ゆっくりまるで愛し合う恋人のように、濃厚なキスから始まり、
大人の行為へ・・・。

「ありがとうございました。また、来てくださいね。」

都会の風俗初体験で、私はもう魅了されてしまいました。

年に一度の友人との会食。
それが今後は、半年に1度、3か月に1度とどんどん期間が短くなっていくような気がした。

あー、早くもう一度いきたい(笑)

新宿の風俗求人はこちら

疲れ目の解消法

私は普段、コールセンターで個人のお客様からのメール問い合わせ対応をしています。
長文のメールが多く、私も長文で返答をしています。
更に自宅では副業でライティングの仕事、趣味でソーシャルゲームや携帯機のゲームなど、
目に負担がかかることばかりです。
私だけではなく、現代はそんな方が多いのではないでしょうか。

 昔は目が疲れすぎて頭痛に悩んでいましたが、
対策として眼鏡を変えることで解消されました。
ブルーライトをカットするパソコン用眼鏡です。
レンズが透明なものもありますが、私は少しだけ茶色いものを使っています。
目の負担のせいか、眩しいのも苦手になってしまったためです。
透明なレンズの方が少し値段が高かったです。
オシャレをしたい時用に透明なものも買う予定ではあります。

 そのブルーライトをカットする眼鏡を使っていてでも、目の下がピクピクして目が疲れたと思うことはあります。
本気でオシャレをしたい時にコンタクトレンズをするのですが、
眼科で教えていただいたのは、「防腐剤が入っていない目薬の方が良い」とのことでした。
一般的に販売されている目薬は、防腐剤の入っているものばかりです。
コンタクトレンズは直接目に付けるもの。それだけでも目が傷ついてしまう恐れがあるのに、
防腐剤というものは、目を傷つけてしまうことがあるそうです。
更に、ドライアイなどの涙の量が少ない方にもおすすめだそうです。
防腐剤フリーの目薬をさして、3分ほど目を閉じることでスッキリします。

 自宅で目が疲れた時に行っていることは、温パックです。
タオルを水に付けて絞り、電子レンジで1分。
その状態だとかなり熱いので、広げて少しヒラヒラさせるだけで温度が下がります。
丁度良い温度になったタオルを目に当ててぼーっとしています。

戦隊ヒーローと3歳児

息子が今年の5月で3歳になったので、テレビで放送されている手裏剣戦隊ニンニンジャーを2月から毎週見ています。

一回目の放送からがっちり心を掴まれた息子は、主題歌もバッチリ歌えるようになり、エンディングのダンスも嬉しそうに踊っています。

保育園でもニンニンジャー人気は凄まじく、男の子たちは毎日ニンニンジャーになりきって遊んでいる様子。
送り迎えで会う子達は自分の服を指差して「今日赤ニンジャーだよー。」と言ってきたりで、とても可愛らしいです。

しかし、保育園の先生からは「あんまり見て欲しくないんだよね。」と言われました。
どうしても戦隊ヒーローごっこになると、お友達を叩いてしまったり、喧嘩になってしまうことが多く、怪我などにも繋がるため、先生たちとしては心配なんだと思います。

確かに親としても、自分の子供がお友達に怪我をさせてしまったら、と心配な部分もあります。
幸い息子のクラスのお母さんたちとは皆仲が良く、母親だけでご飯会をしたり、と良い関係でいるため少しくらいの叩いた叩かれたは大きな問題にはならないと思いますし、お互い様だよねーと笑って話せると思います。

でも、あまり関係ができていなかったら気まずいかなぁとも思います。
我が家では、ダンボールで武器などを作っていて、息子は嬉しそうにそれを振り回して遊んでいますが、0歳の娘もいるため、本当に殴るのは絶対に駄目。というルールを作り、息子もそれを守って遊んでいます。

子供達に大人気の戦隊ヒーローですが、それが暴力に繋がることがないように親がフォローしながら楽しく見れるようにして行きたいと思っています。

都会に憧れ風俗までも

梅田の風俗求人お探しなら

私は田舎育ちで学生の頃にはスポーツに明けくれ、インターハイにまで行きました。

しかしスポーツしかしてなかった私も卒業。
男子校で女子と交流がなかった私。

社会人になり新入社員歓迎会で衝撃的な出来事がありました。
二次会で人生初の風俗に行ったのです。
まさしく目から鱗とはこの事でした。

田舎育ちの私には考える事の出来ない事でした。
それから飲み会の二次会は風俗というのが定番化していました。

社会人3年目になると後輩を連れて先輩風を吹かせながら休みの日に風俗に行ってました。

いつしか、田舎育ちの私は都会に憧れるようになります。
大分県の田舎から福岡県の北九州市に来て風俗を知り、楽しみ尽くしてしまったので、
次は都会風俗の代表にあたる梅田に行く事にしたのです。

ある日、後輩を連れて梅田に乗り込み、都会の風俗の通りを歩き、名が知れているある風俗に入店しました。

そこで見た現実はまた衝撃的な光景でした。
美人が揃ってて北九州市も美人はいますが、やはり都会の風俗でした。
オーラが違いました。

接客も手の触りかたや話し方がとても素敵だったのです。
やはりそれなりに料金が高いだけはあるなと関心しました。

都会の風俗は違うのを感じた私は、風俗の有名な所に行きたいと会社の旅行で幹事になり、北海道のススキノに行く事を計画し実行しました。

すべては都会の風俗を経験したいからです。
会社の人とススキノの飲み屋街を歩き、風俗店に入りました。

ここは何というか…美人では中洲に及ばないかも知れませんが、気さくさという点では素晴らしく。
方言も可愛くて本当に話しやすいという印象でした。

ススキノはかなり飲んでから行ったのもあるかもしれないですが、
田舎育ちの私が都会の風俗にハマって行く体験談でした。

都会の風俗は一言で言うとズルイです。
男子が好きな事をすべてわかっているプロだと痛感しました。

切迫流産

18週で切迫流産の為入院しました。

第二子の妊娠なんですが、上の子はなんの異常もなく40週で産まれました。
4か月くらいに、上の子を連れてお友達とゴーカートに乗りました。
その日は何もなく、翌日の仕事中にいきなり、尿漏れ?!
と思いトイレに行ってみたら出血!!
しかも歩く度に出る。

慌てて、いつものかかりつけ医ではなく、近くの婦人科へ。
もう絶対ダメだーって思ってたんですが、診察してもらったら赤ちゃんとは違う場所であまり影響しないから大丈夫だよ。
今日は念のため安静にして下さいと。

その日は仕事場に事情を話し、うちで安静にしてました。
そして、妊婦健診が翌翌日だったので、かかりつけ医で診察してもらうと同じ見解。
一応張り止めと止血剤をもらい、その日はパパがお休みで、軽く見ていた私は子供を連れて、その後遊びに行きました。

帰宅後、なんか嫌な感じがすると思ったらまた出血!
慌てて電話したら、今日は安静にして翌日また来て下さいとの事。
翌日またお医者さんに診てもらい、切迫流産で仕事を休んで安静にして下さいと言われました。

その後仕事を休み、実家にて1ヶ月の療養。
大分出血も落ち着いたし、子供も1ヶ月ほど保育園を休ませていたので、一緒に帰宅。
うちは義理母父と同居なので、義理母が何にもしなくていいからねー!なんて言ってたくせに掃除はしない。ご飯はしない。
結局私がやる羽目に。

次の妊婦健診で、まだちょっと出血があるから張り止め変えますと言われウテメリンが処方。
それからでした。

その日の夜、お腹に激痛が。陣痛のような張りが何度も。。
とりあえず次の日まで様子を見ようと思いトイレへいくと、また出血。
次の日慌ててお医者さんに行き、診てもらいましたが、まあ何回か出血は繰り返すかもと。
そのまま家に帰り、安静にしていたのですが、また夜になると激しい張りが。
また出血。また翌日に診てもらいましたが、まあこの週数で入院する人はあまりいないけど、毎日くるくらいなら入院した方がいいかもね。なんて軽く言われ、上の子もいるし考えて来ますと言って帰りました。

そしてまた夜。また激しい張り。朝方まで我慢し、その日は日曜でしたが、電話したら今日は違う先生ですが、診てみるので来て下さいと。
その日は外部の先生で、なんでこんなにしてるまで放っといたんだと激しく怒られ、かなりやばい。
助かるかどうかわからないけど、とりあえずすぐ入院。と言われ即入院。

腑に落ちないのと、ショックで大泣き。
それから、入院生活が始まりました。24時間ウテメリン。身動きとれず。
まだまだ先は長いですが、赤ちゃんの為にも頑張ります。

キャバ嬢には勝てません

仕事をする上で付き合いというのは必須だと思います。
なので私に遠慮せず、飲み会はどんどん行っていいしキャバクラで飲もうとパブで飲もうと気にしないよ。と言ったところ夫が悲しんでいました。

お義母さんまで息子のことは好きじゃないのかと言ってきたんですが、別にあなたが何しても興味ありませんとかそういう意味で言ったわけではないんですよね。日本語って難しいです。
私を裏切ることはないと信用しているからこそ快く送り出せるんですよ。
それに、夫はキャバ嬢を好きになるタイプではないので心配する必要がないんです。

父はすぐに好きになってしまう人なんですけどね。母は苦労していました。
営業電話がかかってきたのを母に知られてしまって、携帯電話を折られた後の丸くなった父の背中は切なかったです。
母はすっきりした顔していましたけどね。普段は亭主は留守が一番なんて言っておきながら、キャバクラにハマるのは嫌なんだな。なんだかんだで好きなんだなと思った事件でした。

まあ自分より若くて綺麗な子に惹かれる夫を見るのは嫌ですよね。
飲みに行くのは許せますがそれはさすがに私でも嫌です。敗北感が半端ではありません。

彼女たちの中にはモデルかと思うぐらい身なりに気を付けている方もいますよね。
たまにこの子はもしかして夜のお仕事をしている子かな?と感じる子が街を歩いていますが、髪の毛はびしっと決まっているしメイクもばっちりですしスタイルも良いのでちょっと憧れます。

スタイルを維持するのも、髪をセットするのもメイクをするのも大変でしょうね。
並々ならぬ努力をしているんだろうと考えると尊敬します。

私は自分の容姿を美しく見せようと努力しなくなってしまったので、お仕事に関係があるからとはいえ偉いと思いますね。
そんな女性に夫が惹かれるようなことがあれば、勝ち目がないので落ち込んでしまいます。きっと母もこんな気持ちで携帯電話を折ったんでしょうね。

キャバ嬢と本気で付き合いたい方はこちら→キャバ嬢を落とすテクニック

子育てによる?40歳過ぎてからの悩み

子供が生まれてからというもの、赤ちゃんの時は日光浴が必要で、その後も散歩したり、
1歳過ぎて歩けるようになると、公園遊びなどなど、外に出て紫外線を浴びることが
極端に増えました。
子供と一緒にいると、公園遊びも長いと半日かかったりもします。
子供を追いかけていると、自分のことは後回しになり、子供のUVケアはするのに、
自分のケアは忘れてしまったり、
幼稚園生になった今でさえ、日傘を差していたら、自分が差したいと言い出し、
奪われる始末です。

それまでは、明るくなる前に出勤し、暗くなるまで職場の部屋の中という
お日様の光とは縁のないような生活でした。

ところが、出産後退職し、180度生活が変わった訳です。

そんなこんなで、40歳過ぎてすご~く気になりだした、顔じゅうのシミとシワ。
最近は、鏡を見るたびに憂鬱でたまりません。
いい加減、何か対策をしないと老後がとても心配です。

そこで、インターネットで色々検索してみた結果、
ロスミンローヤルという商品を知りました。
ここで売っています。

ハイチオールCという医薬品は、テレビでもCMを見たことがあって、
実際使ったこともあるのですが、ハイチオールCはシミ、そばかすに効く第3類医薬品で、

この、ロスミンローヤルは、シミ、そばかすだけでなく、小じわにも効くようです。
なにやら、国内で唯一、しわにも効くと認められた商品のようです。

これは気になる!すごく気になります。
しかも、通常価格7,980円の商品が、初回のみ1,900円で購入できるとか。
万が一、効果がなくても我慢できる金額ですね!
定期購入もできるみたいだし、便利そうです。

まさか、しわに効く医薬品があったとは思いもしませんでした。
今まで、万が一の時は、プチ整形でシワだけでもどうにかするか!?なんて
考えていましたが、体の中から聞く薬があるなら、是非とも利用したいと思います。

青森のねぶた祭り

「夏はお祭り!」という事で青森のねぶた祭りへ行って来ました。朝は雨が降っていて、残念ながら降水確率も高く雨予報だったので天気が心配でしたが、晴れて蒸し暑い位でした。
ねぶた祭り当日の青森は朝からお祭り一色で沢山の出店があり、大勢の観光客も来ていました。

青森ねぶた祭りの始まる時間が近付くにつれて、ドンドン人も増えて行きました。
青森駅前では青森のキャラクター(名前は分かりません。)も来ていました。

スタッフと一緒ではなくキャラクターが一人でいたのにビックリしました。
キャラクターがいる時はスタッフと一緒というイメージがあったのですが違ったようです。

青森のキャラクターは色々なポーズを取っていたので、見ていても楽しめました。
写真を撮る時にはきちんと「決めのポーズ」もしてくれたので嬉しかったです。
青森のキャラクターの周りには次々と沢山の人が集まって来て一緒に写真を撮っていました。「青森ねぶた前の特別なお楽しみ」みたいな感じでとても良かったです。

青森ねぶた祭りは大勢の観光客もいる中、大きな掛け声と共に開催されました。
大勢の「ハネト」も出ていていました。子供のハネトもいてとても可愛かったです。
お母さんの背中でおんぶされているハネトもいました。あのお母さんは二時間もの間、子供をおんぶしながら跳ねていたと思いますが、凄いと思います。
ただでさえ、二時間跳ねていると疲れると思いますが子供をおんぶしながらなので大丈夫だったのかと思います。「青森ねぶた祭り」も本当に凄かったのですが「ハネト」も凄かったです。一番元気の良いハネトは自衛隊でした。「さすが自衛隊!」と思いました。残念だった事もありますが、とても楽しめました。

一度は是非「青森ねぶた祭りへ行くべき」だと思いました。とても楽しいお祭りでした。

図書館は癒しの空間

久しぶりに図書館に行ってきました。
昔から本が好きで、本屋さんや図書館によく行っていたのですが、子供が生まれてからはとんと足が遠のいてしまっていました。
でも最近子どもが小学生になって、一緒に本を楽しめる年齢になってきたのもあり、図書館が懐かしくなって訪れてみました。

子どもと一緒なので、自然と絵本コーナーや児童書コーナーに向かいます。懐かしい絵本や自分が読んでいた児童書のシリーズがあって、私のほうが夢中になってしまいました。すっかり忘れていたのに、昔読んだ本を見るとすぐに内容を思い出すんですね。新鮮な驚きでした。

子どもが赤ちゃんや幼稚園の頃には絵本を読み聞かせしていたのに、最近はあまりしていないな、と思います。自分で読めるから、と思って、親子で本を一緒に読むことを忘れていたかもしれません。

そこで子どもに絵本と紙芝居を選んでもらって、借りてきました。家に帰って、久しぶりに読み聞かせしてみました。すごく喜んで聞いてくれました。紙芝居も何回も「読んで!」と持ってきて、私が疲れてしまうくらいたくさん読みました。

子どもはこういうふれあいを求めていたんだな、と気づかされました。小学生になって自分でできることが増えてきたけれど、たまには赤ちゃん時代のように読み聞かせしてあげるのも大事なのかもしれないな、と思いました。

子どもにも学校ではやっている本とかいろいろ教えてもらったりしながら、これから読書ライフを楽しもうと思った一日でした。