月別アーカイブ: 2015年11月

デスクの上の守り石

いつも君達が見守ってくれてるのかな? 
私の部屋のデスクの上には、もう今は身に着けていないパワーストーン、
「タイガーアイ」と「パイライト」が飾ってある。
2つとも10ミリ以上のサイズだから存在感があります。
いつもいつも何となく視線がそこに行ってしまうのです。

振り返ると私はパワーストーンを身に着けていることが多かったみたいで、
初めて付けたのは19歳の夏。
当時は「ムーンストーン」「ラピスラズリ」「タイガーアイ」「ガーネット」などを石が持つ本来の意味も考えず大切に持ち歩いていました。

ネックレスだとか指輪とかを所持しない分、
パワーストーンが私を飾ってくれる唯一のアクセサリーと考えるから
生きるパートナーとして可愛がっていたのです。

関心がある事柄に対してはオタク気質が功を奏し、石についての知識も
どんどん増えてゆくし詳しくなる。
「翡翠」「水晶」「インカローズ」「シトリン」
「ローズクォーツ」「オニキス」などと次から次へと
新しいパートナーを見つけては、肌身離さず身に着けていたのです。

2011年夏、「ヘマタイト」が急に欲しくなった私は、
足早にショッピングモールのパワーストーン専門店へ。

私はいつも手元にアクセサリーとして付けるのですが、このお店は、頑丈な結び糸を一つ一つ石に通し、ずっと使い続けられるように手作りをしてくれるのです。

ゴム紐で作られたパワーストーンは身に着けていると、
ある日突然「パチン!」とちぎれてバラバラになってしまいます。
人の丁寧な手作業で作られた「ヘマタイト」は
私にとってより愛情深い物となりました。

人との出会いと別れがあるように、石にも出会いと別れがあります。
私は、「もう大丈夫だから」と石に対して思った時が
別れの瞬間としています。

不要となったパワーストーンをゴミ箱に捨てることはしないで、
海や川といった規模の大きい水の流れる場所へと持ってゆきます。
そして、「今まで本当にありがとう、お疲れさまでした」と石に話しかけ、
水の流れへと投げるのです。私の過去も水に流すように。

いつも私の傍にある「タイガーアイ」と「パイライト」。
私が活躍し続ける為にも、これからも私の傍に居続けてほしいと思う
今日この頃でありました。

ご近所にお裾分け

我が家は二年ほど前に新興住宅街に家を建て、引っ越してきました。

その区画の中では最後の方だったので、
最初はできているコミュニティに入るのがなかなか難しかったのですが、
同じくらいの子供たちが多いこともあり、だんだん打ち解けてきました。

先日、お隣さんから、「実家が農家で、たくさんもらったから!」ってカボチャを頂きました。

我が家でも家庭菜園で野菜をいくつか栽培していますが、
実家が農家の方に野菜をお裾分けするのも、と思いつつ、
いつも子供たちもおやつももらっているので、
何かお返しできないかなぁと思っていました。

そこで、思いついたのが、もらったかぼちゃを使ってお菓子を作って
お裾分けのお返しをしようということです。

お菓子作りは元々大好きでよく作っているんです。
今回は、もらった大きなかぼちゃの半分を使って、かぼちゃのチーズケーキを作りました。
チーズケーキは得意なので、味には自信があるのです。

お隣さんはお子さんが三人いるので、おやつにでも、とお裾分けに行きました。
そうしたら、思ってた以上に喜んでもらえて、すごく嬉しかったです。

次の日、子供たちからも「美味しかったよ!」って言ってもらえて、
作って良かったなぁと思いました。
距離もまた近づけた感じがしました。

人付き合いは苦手だけど、こうやって少しだけ、
コミュニティに溶け込めていけたらいいなぁと思いました。

何かあったら助け合えるご近所付き合いをしていきたいです。

コストコでのおすすめ商品は

最初は友人に連れて行ってもらってハマったのが、コストコです。

日本国内に数店舗ありますが、東海地方には「中部空港店」があり、そちらに行っています。

セントレアの近くにあって名古屋市内だと若干遠いのが難点ですが、
広い倉庫に行くと、まるで海外の雰囲気でビッグサイズの商品に興奮してしまいます。

会員は年間4320円。
少し高い気がしますが、アミューズメントパークだと考えると
1回分としても割安です。

私は夫に家族会員のカードを持たせているので、1度に大人2名の同伴、家族会員の大人2名の同伴ができて、大人は最大6名入場できます。
そして、子供の同伴は何人でもできるので、
子連れの友人と一緒に行くこともできます。

コストコでのおすすめは色々ありますが、家族があまり食べない家庭だと
日用品がおすすめです。
例えば、スライダーで自由にカットできるラップや、きれいに掃除ができるウエットティッシュなど日用品で役立つ商品が多いのも特徴です。

ラップはおにぎりを作る時にスライダーでカットができるので、
格段に楽になりました。
また、シャンプーやトリートメントは大容量サイズがあり、ドラッグストアで買うよりもお得です。
値段を比較してみてもお得なので、在庫がなくなると買いに走ります。

他にも、生のブルーベリーや夏はすいか、梨、ぶどうもおいしくて、
箱買いをしてもすぐになくなってしまいます。
ママ友とシェアしている人もいますが、シェアしなくても
便利に利用できるので重宝しています。

カップ焼きそばのアレンジ

手軽に食べれるカップ焼きそばは庶民の味方ですよね。
そんなカップ焼きそばにちょい足しすることでさらに美味しく食べる方法をご紹介します。

【1.ごま油、ラー油】
出来上がったカップ焼きそばにお好みでごま油をかけるだけです。
ごま油の香ばしい香りで一気に雰囲気が変わります。
ラー油もおすすめです。ごま油と似ている風味ですが、さらに辛味が加わり食欲が増します。

【2.ネギ盛り、刻みタマネギ】
刻みネギを買ってきて出来上がったカップ焼きそばに山盛りネギを入れます。
野菜不足が気になる人もこれなら満足できます。

ネギ以外でもタマネギのみじん切りをそのままトッピング。
シャキシャキした食感とタマネギの辛さが食欲をそそります。

ネギやタマネギの辛味が苦手な人は最初にネギ入れてお湯を注ぐ方法にすると
辛味が抑えられます。
タマネギのみじん切りとラー油も合うのでお勧めです。

【3.納豆】
納豆はタレを混ぜてからカップ焼きそばの上に乗せます。
カップ焼きそばは栄養が不足しがちなので、納豆をトッピングすると格段に栄養価があがります。

しっかり麺と混ぜて食べるのも良いし、麺で納豆を包むようにして食べると最後に納豆だけ残るのを防げます。
ソース味と納豆が意外にマッチしています。

【4.全部のせ】
1~3までの食材を全部乗せちゃいます。
カップ焼きそばとは思えないほどリッチな気分で食べることができます。

栄養たっぷりいただけるので、カップ麺だけでご飯をすませてしまったという罪悪感は全くありません。

自分のお気に入りのトッピングを見つけてくださいね。

カキ氷を食べる夏休み

もうすぐ夏休み。
どこへ行っても混み合っているので、遠くに出かける予定はなく、近くでのんびりしようと決めています。

昨年より、カキ氷を食べ歩くことが私の中でブームになっています。
(世の中でもブームですが)
この数日の夏休みにも都内のいくつかのお店に出かけようと思っています。

まず最初に行ってみようと思っているのは、整理券が配布されていて、真夏には午前中で整理券が終わってしまうほどの人気っぷりのお店です。

早い時間に出かけて整理券をゲットしようとする計画です。
雑誌やテレビ、ネットの情報どれを見ても本当においしそうで、一度は行ってみたいお店です。

ほかにもいくつか行ってみたいお店があります。台湾から日本に初めて登場したお店のマンゴーのカキ氷はとんでもなくおいしそうです。

こちらは整理券ではないので、大行列を覚悟しなくてはいけませんが。
いつか本場台湾で食べたあのマンゴーのカキ氷が食べれるのならば、がんばって並びます!
考えただけでもうっとりしてしまいます。

あとは和菓子屋さんのカキ氷も気になります。
大きくてふわっふわのカキ氷です。宇治金時のような和風のお味のものだけはなく、イチゴがたっぷり使われたソースがかかった氷も目にも鮮やかでとってもおいしそうです。

最近は変り種のカキ氷を専門に扱っているお店も出てきているようです。
そのお店も気にはなりますが、私はオーソドックスなタイプが好きなので、
なかなか足が向きません。
でもカキ氷好きとしてはいつかは食べてみなくちゃと思っています。楽しいカキ氷食べ歩きの旅になるといいな。