図書館は癒しの空間

久しぶりに図書館に行ってきました。
昔から本が好きで、本屋さんや図書館によく行っていたのですが、子供が生まれてからはとんと足が遠のいてしまっていました。
でも最近子どもが小学生になって、一緒に本を楽しめる年齢になってきたのもあり、図書館が懐かしくなって訪れてみました。

子どもと一緒なので、自然と絵本コーナーや児童書コーナーに向かいます。懐かしい絵本や自分が読んでいた児童書のシリーズがあって、私のほうが夢中になってしまいました。すっかり忘れていたのに、昔読んだ本を見るとすぐに内容を思い出すんですね。新鮮な驚きでした。

子どもが赤ちゃんや幼稚園の頃には絵本を読み聞かせしていたのに、最近はあまりしていないな、と思います。自分で読めるから、と思って、親子で本を一緒に読むことを忘れていたかもしれません。

そこで子どもに絵本と紙芝居を選んでもらって、借りてきました。家に帰って、久しぶりに読み聞かせしてみました。すごく喜んで聞いてくれました。紙芝居も何回も「読んで!」と持ってきて、私が疲れてしまうくらいたくさん読みました。

子どもはこういうふれあいを求めていたんだな、と気づかされました。小学生になって自分でできることが増えてきたけれど、たまには赤ちゃん時代のように読み聞かせしてあげるのも大事なのかもしれないな、と思いました。

子どもにも学校ではやっている本とかいろいろ教えてもらったりしながら、これから読書ライフを楽しもうと思った一日でした。